中学生向け最新時事問題解説(2021年)

中学定期テスト対策向け時事問題(2021年9月26日〜10月9日)

緊急事態宣言を全面解除岸田文雄自民党総裁が第100代首相に就任など2021年9月26日から10月9日までの時事問題から中学定期テストで出題されそうなニュースを掲載しています。

 

 

8月豪雨を激甚災害に指定(9/28)

政府が各地に被害をもたらした8月7〜23日の暴風雨と豪雨を激甚災害に指定しました。激甚災害に指定することで、復旧に必要な費用の国からの補助額が引き上げられます。

 

岸田文雄氏が自民党の新総裁に(9/29)

自由民主党のトップを決める総裁選挙が行われました。1回目の投票では過半数に達した候補がいなかったため、1位岸田文雄氏と2位河野太郎氏による決選投票が行われ、岸田文雄氏が新総裁に選ばれました。

 

北京五輪での海外観客受入を見送り(9/29)

国際オリンピック委員会(IOC)が来年2月に開催される北京冬季五輪で外国からの観客を受け入れないことを発表しました。新型コロナウイルスの感染拡大防止のための措置。チケットは中国在住者にのみ販売されることになります。

 

緊急事態宣言を全面解除(10/1)

19都道府県を対象に出されていた新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全面解除されました。まん延防止等重点措置についても解除。今後はイベントの入場者数制限などを段階的に緩和していく予定です。

 

大谷翔平が46本塁打でシーズンを終える(10/3)

大谷翔平選手の今季最終戦が行われました。メジャーリーグの本塁打王とはならなかったものの、最終成績は、打者として打率.257、46本塁打、100打点、26盗塁、投手として9勝2敗、防御率3.18を記録しました。

 

2回目のワクチン接種完了が6割超え(10/4)

新型コロナウイルスワクチンの2回目の接種を終えた人が国民の60.9%に達しました。1回目の接種を終えた人も71.3%となっていて、10月中には7割以上の人が2回目の接種を終える見込みです。

 

岸田文雄自民党総裁が第100代首相に就任(10/4)

自民党の岸田文雄総裁が第100代首相に就任しました。岸田首相は就任後の会見で今月14日に衆議院を解散し、31日に衆議院総選挙を行うと表明しました。

 

主な歴代首相
  • 初代首相…伊藤博文
  • 第2代首相…K田清隆
  • 第10代首相…伊藤博文
  • 第50代首相…吉田茂
  • 第90代首相…安倍晋三

 

真鍋淑郎さんがノーベル物理学賞を受賞(10/5)

米プリンストン大学上席研究員の真鍋淑郎さんがノーベル物理学賞を受賞しました。二酸化炭素が地球温暖化に与える影響を研究した成果に対してのもの。日本人がノーベル賞を受賞するのは28人目です(アメリカ国籍を取得した人も含む)。

 

男性の育休取得が50%超に(10/6)

人事院が国家公務員(男性一般職常勤)の昨年度の育児休暇取得率が51.4%だったと発表しました(女性の取得率は99.6%)。男性の取得率が50%を超えるのは初。男性の育休取得期間は、2週間以上1カ月以下が最も多くなっています。

 

東京・埼玉で震度5強の地震(10/7)

東京都足立区や埼玉県川口市などで震度5強を観測する地震がありました。震源は千葉県北西部でマグニチュードは5.9。地震の影響で鉄道の運休や水道管の破裂などの混乱が生じました。

 

定期テスト対策用の時事問題チェックページ
page top