中学生向け最新時事問題解説(2021年)

中学定期テスト対策向け時事問題(2021年10月24日〜11月6日)

G20首脳会議開催総選挙で自民党が単独で過半数を確保など2021年10月24日から11月6日までの時事問題から中学定期テストで出題されそうなニュースを掲載しています。

 

 

温室効果ガスが過去最高に(10/25)

温室効果ガスの大気中濃度(2020年)が過去最高になったと世界気象機関が発表しました。二酸化炭素メタン一酸化二窒素とも濃度が上昇。昨年は新型コロナウイルス感染拡大による経済活動の停滞がありましたが、温室効果ガスの濃度は上昇を続けています。

 

性別「X」のパスポートを発給(10/27)

アメリカで性別欄に「X」と記載されたパスポートが発給されました。男性でも女性でもない性的少数者への配慮から。アメリカでは身分証明書でも同様の措置が取られるようになっています。

 

核兵器廃絶決議案が国連で採択(10/27)

日本が提出した核兵器廃絶決議案が国連で採択されました。決議案は28年連続で採択。昨年からは賛成が13ヵ国増え、152ヵ国となりました(反対4ヵ国、棄権30ヵ国)。

 

大谷翔平選手が選手間投票でMVPに(10/28)

大リーグエンゼルスの大谷翔平選手が選手間投票で年間最優秀選手賞(MVP)に選ばれました。2004年にイチロー選手が最優秀野手賞に選ばれていますが、年間最優秀選手賞に選ばれたのは日本選手では大谷選手が初めてです。

 

G20首脳会議開催(10/30-11/1)

主要20か国・地域(G20)首脳会議がイタリアのローマで開催されました。気候変動対策では、温室効果ガスを今世紀半ばごろまでに実質ゼロにすることで合意しました。

G20…日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ(以上G7)、ロシア、中国、インド、ブラジル、南アフリカ(以上BRICS 5か国)、オーストラリア、韓国、インドネシア、サウジアラビア、トルコ、メキシコ、アルゼンチン、EU

 

総選挙で自民党が単独で過半数を確保(10/31)

衆議院総選挙が行われ自民党が単独で過半数となる261議席を獲得しました。与党の公明党は3議席増やして32議席を獲得。野党第一党の立憲民主党は公示前から14議席減らして96議席。日本維新の会は11議席から30議席増やして41議席を獲得しました。

 

トンガがロックダウン(11/2)

新型コロナウイルスの感染者が初めて確認されたトンガが2日から一週間のロックダウン(都市封鎖)を行うことになりました。島国のトンガではこれまで一人も感染者がいませんでした。

 

「脱石炭」でヨーロッパなどが合意(11/4)

国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で46か国・地域が石炭火力発電の廃止を目指すことで合意しました。日本、アメリカ、中国、インドなどは合意に加わっていません。

 

定期テスト対策用の時事問題チェックページ

 

page top