中学公民「基本的人権」の問題

中学公民「基本的人権」での定番問題

中学公民「基本的人権」の単元理解度をチェックする問題です。

 

中学公民「基本的人権」のチェック問題

問題正解
自由権には、身体の自由、精神の自由、( )の自由が含まれる。経済活動
( )の自由には、奴隷的拘束・苦役からの自由がある身体
( )の自由には、思想、良心、学問の自由などがある精神
職業選択の自由は自由権のうち( )の自由に含まれる経済活動
財産権の保障は、自由権or社会権?自由権

赤い部分をクリックすると正解が表示されます。

問題を入れ替えて確認

ココをクリックすると問題が入れ替わります

何回も挑戦してみてください。

 

中学公民「基本的人権」での重要キーワード

享有、侵すことのできない永久の権利、公共の福祉

基本的人権に関連する用語で覚えておきたいのが「享有」、「侵すことのできない永久の権利」、「公共の福祉」の3つ

  • 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。(日本国憲法第11条)
  • この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。(日本国憲法第11条)
  • 国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。(日本国憲法第12条)

 

基本的人権の内容
  • 自由権(身体の自由、精神の自由、経済活動の自由)
  • 平等権
  • 社会権(生存権)
  • 基本的人権を守るための権利(参政権、請願権、請求権)
  • 新しい基本的人権(環境権、知る権利、プライバシーの権利)

 

覚えておきたいの日本国憲法条文(基本的人権関連)
  • 第11条…基本的人権の享有
  • 第13条…幸福追求権 → これにより環境権など新しい人権が認められている
  • 第14条…法の下の平等
  • 第19条…思想・良心の自由
  • 第20条…信教の自由
  • 第21条…表現の自由
  • 第22条…職業選択の自由
  • 第23条…学問の自由
  • 第25条…生存権(健康で文化的な最低限度の生活)
  • 第26条…教育を受ける権利

学問の自由(第23条)は「学問の 自由は、これを 保障する」と条文が5・7・5調になっているので好きな先生が多く、定期テストなどで出題されることの多い条文です。

 

中学公民「基本的人権」のチェック問題一覧

問題正解
自由権には、身体の自由、精神の自由、( )の自由が含まれる。経済活動
( )の自由には、奴隷的拘束・苦役からの自由がある身体
( )の自由には、思想、良心、学問の自由などがある精神
職業選択の自由は自由権のうち( )の自由に含まれる経済活動
財産権の保障は、自由権or社会権?自由権
社会権には、生存権、労働基本権、( )がある教育を受ける権利
生存権とは「健康で( )な最低限度の生活を営む権利」のこと文化
基本的人権を守るための権利には( )と( )がある参政権、請求権
選挙権は基本的人権を守る権利の( )に含まれる参政権
請願権は基本的人権を守る権利の( )に含まれる参政権
国民の義務を3つ挙げよ勤労の義務、納税の義務、子どもに普通教育を受けさせる義務
憲法が保障する自由や権利は、( )のために利用する責任がある公共の福祉
参政権には、憲法改正の( )権も含まれる国民投票
裁判を受ける権利は基本的人権を守る権利の( )に含まれる請求権
平等権により、人種、信条、( )、社会的身分または門地による差別は禁止されている性別
page top