時事問題の中学定期テスト対策向けサイト

中学生向け時事問題解説

中学生向けに最新の時事問題を解説。岸田首相が政治倫理審査会に出席(2/29)ロシアのウクライナ侵攻から2年(2/24)など定期テスト対策向けに定番の時事問題もチェック形式にして掲載しています。WHOなどニュースによく出る略語一覧もテスト対策に使えます。

最新の中学生向け時事問題解説

定期テスト対策用のチェック問題を作成しました。

 

定期テスト対策用の定番時事問題

問題 正解
G7に含まれる7か国は? 日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ
現在の日本の首相は? 岸田文雄
現在のアメリカの大統領は? ジョー・バイデン大統領
現在のイギリスの首相は? スナク首相
現在のフランスの大統領は? マクロン大統領
現在のドイツの首相は? ショルツ首相
現在のロシアの大統領は? プーチン大統領
現在の中国の首脳(国家主席)は? 習近平国家主席
2022年にロシアが侵攻を開始し、戦闘が続いている国は? ウクライナ
ガザ地区で戦闘状態になっている国とイスラム組織の名称は イスラエルとハマス
ことし夏季オリンピックが開催される都市は? パリ
大阪・関西万博が開幕するのは何年何月? 2025年4月

正解欄をランダムに隠す

隠れたところはクリックすると再び表示されます。

 

最新の時事問題

岸田首相が政治倫理審査会に出席(2/29)

岸田文雄首相が自民党の政治資金パーティーに関する疑惑について説明するため政治倫理審査会に出席しました。政治倫理審査会は『議員が「行為規範」その他の法令の規定に著しく違反し、政治的道義的に責任があると認めるかどうかについて審査(衆議院HP)』する機関で現職の首相が出席するのは今回が初めてです。

 

ガザ地区の4分の1が飢餓状態(2/27)

イスラエルによる侵攻が続くパレスチナのガザ地区で暮らしている人の4分の1が飢餓状態にあると国連人道問題調整事務所が国連で警告しました。国連は戦闘の休止が必要だとしています。

 

初マラソンの日本記録を更新(2/25)

国学院大の平林清澄選手が大阪マラソンで2時間6分18秒を記録。初マラソンの日本最高記録を更新しました。これまでの記録は2時間6分45秒でした。

 

ロシアのウクライナ侵攻から2年(2/24)

ロシアがウクライナに軍事侵攻を始めてから2月24日で2年となりました。ウクライナは東部や南部で反転攻勢を開始しましたが領土の奪還には至っていません。

 

「竹島の日」式典(2/22)

島根県松江市で「竹島の日」の式典が行われました。「竹島の日」は、韓国により不法に占拠されている竹島について国民世論の啓発を図るために島根県が条例で定めたもの。

 

ガザ即時人道停戦にアメリカが拒否権(2/20)

国連安全保障理事会でイスラエル軍による地上侵攻回避のための「即時人道停戦」が出されましたが、アメリカが拒否権を発動したことで否決。停戦決議には安保理理事国15か国中、日本など13か国が賛成していました。

 

盛山文科相の不信任決議案を否決(2/20)

立憲民主党が提出した盛山正仁文部科学相への不信任決議案が否決。不信任案は、旧統一教会と関係がある人物が旧統一教会の解散命令を請求している文部科学省の大臣を務めるのは不適切というものでした。

 

H3ロケットの打ち上げに成功(2/17)

国産の新型ロケット「H3」2号機の打ち上げに成功しました。1号機は昨年3月の打ち上げで失敗。「H3」はこれまでの「H2A」と比べて低コストで打ち上げができることが特徴となっています。

 

日本のGDPが世界4位に転落(2/15)

2023年の日本の名目GDPドイツに抜かれ世界4位となりました。GDP(国内総生産)とは、国内で新たに生み出されたモノ・サービスなどの付加価値の合計額。日本のGDPは2010年に中国に抜かれ2位から3位に転落しましたが、今回、ドイツにも抜かれ4位となりました(5位はインド)。

 

インドネシアで大統領選(2/14)

有権者数が2億人超のため「世界最大の直接選挙」と言われるインドネシア大統領選が行われました。現職のジョコ大統領から支援を受けているプラボウォ国防相の当選が有力。正式な選挙結果は1か月後に発表されます。

 

桜島で爆発的な噴火(2/14)

鹿児島県の桜島で噴煙が5000メートルの高さにまで達する爆発的な噴火がありました。桜島では噴火警戒レベル3の入山規制が継続中。噴煙が5000メートルに達したのは約4年ぶりです。

 

ロシアがエストニアの首相らを指名手配(2/12)

ロシアがエストニアのカヤ・カラス首相らバルト3国の要人を指名手配しました。ソ連兵の記念碑を破壊した罪とのこと。カラス首相の他にはラトビアの法相やリトアニアの文化相も含まれています。

 

サッカーアジアカップでカタールが2連覇(2/10)

4年に一度行われるサッカーのアジアカップでカタールが前回大会に続いて優勝しました。FWアクラム・アフィフ選手は決勝戦でハットトリックを達成。大会MVPと得点王も前回大会同様にカタールの選手が選ばれました。なお、日本代表は決勝トーナメントでイランに敗れ、ベスト8でした。

 

ロシア大統領選で反戦候補の登録不可に(2/8)

ロシアの選挙管理委員会が大統領選へのナジェジディン元下院議員の候補者登録を認めない決定を下しました。提出した書類に不備があったとの理由。ナジェジディン元下院議員はウクライナ侵攻に反対の立場を表明している候補です。

 

北方領土の日(2/7)

北方領土の日の2月7日に北方領土返還要求全国大会が開催されました。2月7日は1855年に日ロ通好条約が締結され、北方領土が日本の領土と定められた日。北方領土はロシアによる不法占拠が続いています。

 

石川県の全公立小中学校が再開(2/6)

能登半島地震の影響で最後まで休校となっていた輪島市の小中学校が再開されました。これにより石川県内の全ての公立小中学校が再開。一部の地域では中学生の集団避難生活が続いています。

 

藤井聡太八冠が年間賞金の歴代1位(2/5)

将棋の藤井聡太八冠の2023年年間獲得賞金・対局料が1億8634万円となり、年間での歴代1位となりました。これまでの最高額は羽生善治九段が獲得した1億6597万円(1995年)。藤井八冠の年間1位は2年連続です。

 

サッカー日本代表はベスト8で敗退(2/3)

サッカーAFCアジアカップ2023の準々決勝で日本代表がイラン代表に敗れました。アジアカップは4年に一度行われるアジアの国別選手権。日本代表は前回大会(2019UAE)では決勝でカタールに敗れ、準優勝でした。

 

柿沢未途前法務副大臣が議員辞職(2/1)

公職選挙法違反の容疑で起訴された柿沢未途前法務副大臣が衆議院議員を辞職しました。柿沢議員の辞職により衆議院東京15区では、4月に補欠選挙が行われることになります。

 

2024年1月の時事問題

  • 石川県の能登半島で震度7の地震(1/1)
  • 羽田空港で航空機が炎上(1/2)
  • 箱根駅伝で青山学院大学が総合優勝(1/2-3)
  • 石川県知事が非常事態を宣言(1/6)
  • 池田佳隆議員を逮捕(1/7)
  • 全国高校ラグビーで桐蔭学園(神奈川)学園が優勝(1/7)
  • 全国高校サッカーで青森山田(青森)が優勝(1/8)
  • サンマの水揚げ量が5年ぶりに増加(1/9)
  • 自民党が「政治刷新本部」を設置(1/10)
  • 米英軍がフーシ派を攻撃(1/12)
  • アイスランドで火山噴火(1/14)
  • アメリカ大統領選の初戦でトランプ前大統領が勝利(1/15)
  • 中国の人口が2年連続で減少(1/17)
  • 特定少年に初の死刑判決(1/18)
  • ユース五輪が韓国で開幕(1/19)
  • 日本の探査機が月面着陸に成功(1/20)
  • 元「自民党安倍派」の谷川弥一議員が辞職(1/22)
  • 終末時計は残り90秒のまま(1/23)
  • 日大アメフト部が廃部に(1/25)
  • 通常国会召集(1/26)
  • 女子マラソンで日本新記録(1/28)
  • 女性の平均賃金は男性の約7割(1/30)
  • 岸田首相が施政方針演説(1/30)

 

2023年12月の時事問題

  • ことしの流行語大賞は「アレ(A.R.E.)」(12/1)
  • イスラエル軍がガザ南部に地上侵攻(12/3)
  • 日本などが「化石賞」に選ばれる(12/3)
  • PISA学力調査で日本の「読解力」が急上昇(12/5)
  • 貧困状態にある子どもは世界で6900万人以上(12/6)
  • プーチン大統領が来年の大統領選への出馬を表明(12/8)
  • ノーベル平和賞授賞式で子が代理出席(12/10)
  • 国連でガザの即時停戦決議を採択(12/12)
  • 内閣不信任決議を否決(12/13)
  • 安倍派4閣僚が交代(12/14)
  • 大谷翔平選手がドジャース入団会見(12/15)
  • 日本ASEAN特別首脳会議(12/17)
  • 「書道」がユネスコ無形文化遺産候補に(12/18)
  • 自民党の安倍派・二階派に強制捜査(12/19)
  • 自転車でも「青切符」を導入へ(12/21)
  • 健康保険証を来年12月に廃止(12/22)
  • 男性の育休取得率が初の3割超え(12/25)
  • ダイハツ国内工場がすべて停止(12/26)
  • 違法捜査で国と都に賠償命令(12/27)
  • 辺野古移設で国が代執行(12/28)
  • 柿沢未途衆議院議員を逮捕(12/28)

 

2023年11月の時事問題

  • 「AI安全サミット」開催(11/1-2)
  • ロシアが包括的核実験禁止条約の批准を撤回(11/2)
  • 蛍光灯の製造が禁止に(11/3)
  • 阪神タイガースが38年ぶりの日本一(11/5)
  • 東京で11月の最高気温を100年ぶりに更新(11/7)
  • 大谷翔平選手がクラブ6万個を小学生に寄贈(11/9)
  • 藤井竜王が「八冠」防衛(11/11)
  • イギリス元首相が外相に(11/13)
  • 関門橋開通から50年(11/14)
  • 1年ぶりの米中首脳会談(11/15)
  • 国連安保理でガザ地区の戦闘休止を求める決議を採択(11/16)
  • 大谷翔平選手が2度目のMVP受賞(11/16)
  • APEC首脳会議開催(11/17-18)
  • 「アルゼンチンのトランプ」が大統領選で勝利(11/20)
  • 国連でパリ五輪中の休戦決議を採択(11/21)
  • イスラエルとハマスが4日間の戦闘休止(11/24)
  • ニュージーランドが「たばこ禁止法」を撤廃(11/25)
  • ロシアが大阪・関西万博への不参加を表明(11/28)
  • 補正予算が成立(11/29)
  • 「生活保護費訴訟」で国に賠償命令(11/30)

 

2023年10月の時事問題

  • 大谷翔平が日本人初の本塁打王に(10/1)
  • 世界体操で日本男子団体が金メダル(10/3)
  • 量子コンピュータ初号機は「叡」(10/5)
  • 札幌市が2030年の五輪を断念(10/5)
  • イランの人権活動家がノーベル平和賞を受賞(10/6)
  • 男子マラソン世界新記録が2時間0分台突入(10/8)
  • ラグビー日本代表、ベスト8を逃す(10/8)
  • 札幌市が2030年の五輪招致断念を表明(10/11)
  • 将棋の藤井聡太竜王・名人が全八冠を独占(10/11)
  • 文部科学省が旧統一教会の解散命令を請求(10/13)
  • 先住民に関する改憲を国民投票で否決(10/14)
  • ロサンゼルス五輪で「野球・ソフトボール」が復活(10/17)
  • 「一帯一路」フォーラム開催(10/17-18)
  • 臨時国会が開幕(10/20)
  • 日大への補助金は3年連続で不交付(10/23)
  • 性別変更に手術を必要とするのは違憲(10/25)
  • 近畿大学が二ホンウナギの完全養殖に成功(10/26)
  • 国連総会でガザ「休戦決議」を採択(10/27)
  • ラグビーW杯、南アフリカが4回目の優勝(10/28)
  • 今冬は節電要請なし(10/31)

 

2023年9月の時事問題

  • 夏の平均気温が観測史上最高に(9/1)
  • 関東大震災から100年(9/1)
  • 「危機管理統括庁」を新設(9/1)
  • 男子バスケ、W杯で五輪出場権を獲得(9/2)
  • 「日本版DBS」の報告書をとりまとめ(9/5)
  • H2Aロケットの打ち上げ成功(9/7)
  • 秋本真利衆議院議員を逮捕(9/7)
  • インドでG20サミット開催(9/9-10)
  • 野球のU-18W杯で日本が初優勝(9/10)
  • リビアで大規模洪水が発生(9/11)
  • ロシアと北朝鮮の首脳会談(9/13)
  • 内閣改造で女性閣僚が5人に(9/13)
  • ゼレンスキー大統領が国連演説(9/19)
  • 10人に1人が80歳以上に(9/15)
  • 国連「気候野心サミット」開催(9/20)
  • 「G4」外相会合(9/21)
  • 杭州アジア大会開幕(9/23)
  • 女子マラソンで世界新記録(9/24)
  • 水俣病と認める判決(9/27)
  • 世界大学ランキングで東京大学が29位(9/27)
  • 政党交付金341億円を使用(9/29)

 

2023年8月の時事問題

  • 青森ねぶた祭が開幕(8/2)
  • 藤井聡太竜王・名人が「八冠」への挑戦権を獲得(8/4)
  • 原爆の日(8/6,8/9)
  • 国立科学博物館がクラウドファンディング(8/7)
  • 日本の食料自給率は38%(8/7)
  • 中国が日本への団体旅行を解禁(8/10)
  • 函館市で初の猛暑日(8/10)
  • なでしこジャパンはベスト8で敗退(8/11)
  • 富士山で登山規制を導入(8/11)
  • 78回目の終戦の日(8/15)
  • 台風の影響で計画運休を実施(8/15)
  • 日米韓首脳会談(8/18)
  • サッカー女子W杯はスペインが初優勝(8/20)
  • インドの探査機が月面着陸成功(8/23)
  • 小中学校の児童・生徒数は過去最少、大学生は過去最多(8/23)
  • 福島第一原発「処理水」の放出を開始(8/24)
  • BRICSが11か国に(8/24)
  • 放射性物質の測定結果を公表(8/27)
  • 世界陸上ブダペスト大会閉幕(8/27)
  • 上半期の出生数が過去最少に(8/29)

 

2023年7月の時事問題

  • 宇宙望遠鏡「ユークリッド」打ち上げ(7/2)
  • 環境活動家が陸上レースを妨害(7/2)
  • 世界の平均気温が過去最高を記録(7/3)
  • 福島原発「処理水」に関するIAEA報告書公表(7/4)
  • ウクライナがTPPへの加盟を申請(7/7)
  • スウェーデンがNATO加盟へ(7/10)
  • 世界人口デー(7/11)
  • 最高裁が女性用トイレの使用制限に違法判決(7/11)
  • EUが日本産食品の輸入規制を撤廃(7/14)
  • イギリスの加盟でTPPが12か国に(7/16)
  • ロシアがウクライナ産穀物輸出の合意を停止(7/17)
  • 中国が日本の海産物を全面検査(7/18)
  • 貿易収支が23か月ぶりに黒字(7/20)
  • 女子サッカーW杯が開幕(7/20)
  • 女性の就業率が過去最高に(7/21)
  • 「Twitter」が「X」に(7/24)
  • 日本人人口が14年連続で低下(7/26)
  • 日本人の平均寿命が短く(7/28)
  • 男性の育休取得率が過去最高の17%に(7/31)
  • 英語「話す」の正答率が12.4%(7/31)

中学生向けのくわしい解説はコチラ

 

2023年6月の時事問題

  • 藤井聡太竜王が史上最年少名人に(6/1)
  • 健康保険証の廃止が決定(6/2)
  • ウクライナで大規模ダム決壊(6/6)
  • 韓国などが新たに非常任理事国入り(6/6)
  • エルニーニョ現象が発生(6/9)
  • トランプ前大統領が無罪を主張(6/13)
  • 「こども未来戦略方針」を決定(6/13)
  • 内閣不信任決議案を否決(6/16)
  • 通常国会が閉会(6/21)
  • ロシアで民間軍事会社「ワグネル」が反乱(6/24)
  • オリンピックeスポーツシリーズ開催(6/22-25)

中学生向けのくわしい解説はコチラ

 

2023年5月の時事問題

  • 「報道の自由度」で日本は68位(5/3)
  • 世界で2億5千万人が飢餓(5/3)
  • WHOによる「緊急事態宣言」終了(5/5)
  • チャールズ国王の戴冠式(5/6)
  • 日韓の「シャトル外交」が復活(5/7)
  • 新型コロナが「5類」へ移行(5/8)
  • アメリカが「国家非常事態宣言」を解除(5/11)
  • Jリーグ30周年(5/15)
  • 中学3年生の約半数が英検3級相当以上(5/17)
  • G7広島サミット開催(5/19〜21)
  • フランスが国内短距離路線の飛行を禁止に(5/23)
  • 「世界の記憶」に「円珍関連文書」が登録(5/24)
  • 日本語教師が国家資格に(5/26)
  • バスケットボール「Bリーグ」で琉球が初優勝(5/28)
  • Jアラート発令(5/31)

中学生向けのくわしい解説はコチラ

 

2023年4月の時事問題

  • 自転車でのヘルメット着用が努力義務化(4/1)
  • 「こども家庭庁」が始動(4/3)
  • トランプ前米大統領が無罪を主張(4/4)
  • 統一地方選の前半戦(4/9)
  • 黄砂を全国各地で観測(4/12)
  • Jアラート発出(4/13)
  • 新紙幣を日本銀行が公開(4/14)
  • ドイツが「脱原発」完了(4/15)
  • 化石燃料の「段階的廃止」で合意(4/16)
  • 子どもの予防接種率が低下(4/19)
  • 2021年度の国内温室効果ガス排出量が増加(4/21)
  • 衆参5選挙区で補選(4/23)
  • スーダンから在留邦人が退避(4/25)
  • 2070年の日本の人口は8700万人(4/26)
  • 侍ジャパンが紫綬褒章を受章(4/28)

中学生向けのくわしい解説はコチラ

 

2023年3月の時事問題

  • TikTokが使用制限を導入(3/1)
  • 国枝慎吾さんに国民栄誉賞(3/3)
  • 韓国が「元徴用工」解決策を発表(3/6)
  • H3ロケット打ち上げ失敗(3/7)
  • 国際女性デー(3/8)
  • WHOが人種差別発言で葛西氏を解任(3/9)
  • 東日本大震災から12年(3/11)
  • マスク着用は個人の判断で(3/13)
  • ガーシー議員を「除名」(3/15)
  • 日韓首脳会談が行われる(3/16)
  • 春のセンバツ開幕(3/18)
  • 日印首脳会談(3/20)
  • 侍ジャパンが3回目の世界一(3/21)
  • 岸田首相がウクライナを訪問(3/21)
  • 中米のホンジュラスが中国と国交樹立(3/26)
  • 文化庁が京都に移転(3/27)
  • フィンランドのNATO加盟が決定(3/30)
  • イギリスのTPP加盟合意(3/31)

中学生向けのくわしい解説はコチラ

 

2023年2月の時事問題

  • 長周期地震予測情報の配信スタート(2/1)
  • 岸田首相が差別発言の秘書官を更迭(2/4)
  • トルコでM7.8の大地震(2/6)
  • 北方領土の日(2/7)
  • 日フィリピン首脳会談(2/9)
  • マスク着用は個人の判断で(2/10)
  • 首相の手術により松野官房長官が臨時代理に(2/11)
  • 新型コロナ新規感染者数が1万人を下回る(2/13)
  • 1月の訪日外国人数が前年の84倍に(2/15)
  • 「H3」初号機打ち上げを「中断」(2/17)
  • 北朝鮮が大陸間弾道ミサイルを発射(2/18)
  • 米バイデン大統領がウクライナを訪問(2/20)
  • ロシアが新戦略兵器削減条約の履行停止を表明(2/21)
  • 「竹島の日」(2/22)
  • 国連でロシアの即時撤退を求める決議が採択(2/24)
  • 宇宙飛行士試験に2人が合格(2/27)
  • 日本の島の数が「倍増」(2/28)

中学生向けのくわしい解説はコチラ

 

2023年1月の時事問題

  • 日本が国連安保理の非常任理事国に(1/1〜)
  • 箱根駅伝で駒澤大が総合優勝(1/2-3)
  • 参議院議員の平均資産は2567万円(1/4)
  • 18歳まで数学必修化、英スナク首相(1/4)
  • 中国がゼロコロナ政策を撤廃(1/8)
  • 鳥インフルによる処分数が過去最多に(1/9)
  • 薗浦前議員の有罪が確定(1/12)
  • 二酸化炭素排出量が過去最多に(1/12)
  • 大学共通テスト実施(1/14-15)
  • 中国の人口が61年ぶりに減少(1/17)
  • 日本の貿易赤字が過去最大に(1/19)
  • 「アメリカザリガニ」と「ミドリガメ」の放出が禁止に(1/20)
  • 通常国会が開会(1/23)
  • 人類滅亡まで「あと90秒」(1/24)
  • ニュージーランド新首相にヒプキンス氏が就任(1/25)
  • 新型コロナを「5類」へ引き下げ(1/27)
  • 日本人へのビザの発給を再開(1/29)
  • 新型コロナの緊急事態宣言を継続(1/30)

中学生向けのくわしい解説はコチラ

 

ことしの予定をチェック

4/1 こども家庭庁が発足
5/19〜21 広島でG7サミット開催
7/14〜30 福岡で世界水泳開催
8/19〜27 ハンガリー(ブダペスト)で世界陸上開催
9/8〜10/28 フランスでラグビーW杯開催

ことしはラグビーのワールドカップがフランスで行われます(日本代表は、イングランド、アルゼンチン、サモア、チリと同組。この中から2チームが決勝トーナメント進出)。

時事問題で覚えておきたい用語(中学生用)

略称 読み 正式名 概要
WHO ダブリュー・エイチ・オー 世界保健機関 国連専門機関のひとつ。感染症など世界的な保健衛生問題を取り扱う機関。
WTO ダブリュー・ティー・オー 世界貿易機関 国家間の貿易に関するルール作りなどを行う国際機関。
UNESCO ユネスコ 国連教育科学文化機関 教育・文化交流などを促進する国際機関。世界遺産の指定など。
UNICEF ユニセフ 国連児童基金 子ども足りを守るための活動を行っている国際機関。ユニセフ募金など。
TPP ティーピーピー 環太平洋パートナーシップ 日本など11か国が参加する環太平洋諸国の経済連携。
APEC エイペック アジア太平洋経済協力 日本など21か国・地域が参加するアジア・太平洋地域の経済連携。
NATO ナトー 北大西洋条約機構 アメリカ、西欧諸国などによる軍事同盟。
ASEAN アセアン 東南アジア諸国連合 東南アジア10カ国による政治的な連携。
EEZ イー・イー・ゼット 排他的経済水域 漁業など海の資源を独占的に使用できる領域。主権が及ぶ領海の外側に設定されている。

 

ざっくり覚えておきたい数字

ざっくり 正確には
日本の総人口 1億2000万人 1億2550万2千人
15歳未満人口割合 12% 11.80%
15歳〜64歳人口割合 60% 59.40%
65歳以上人口割合 28% 28.90%

データ出所「総務省:人口推計」。2021年10月1日現在(2022年4月15日公表)

中学生のための2022年時事問題解説