2020年時事問題(受験対策)

2021年入試対策で必須の2020年時事問題

入試に時事問題という科目はありませんが、社会の問題では時事問題に絡めたテーマが出題されることがあります。受験勉強として時事問題対策が必要なのはその部分です。

 

こんなニュースがあった、あんなニュースがあったという出来事を覚えるのではなく、時事問題に関連したテーマを復習しておくのがポイントです。

 

そこで、2020年重大ニュースの中から2021年入試で出題されそうなテーマについてまとめました。社会のテーマ別まとめとしても活用してみてください。

 

歴代内閣の仕事

安倍首相連続在職日数でも歴代1位の長さになりました(8月24日のニュース)。

 

2019年の11月に通算在職日数では1位となっていたので、連続、通算とも安倍首相が歴代1位となったわけです。となると、覚えておきたいのは2位以下。まとめました。

 

首相連続在職日数
順位名前日数期間主な出来事
1位安倍晋三2822日2012年12月〜2020年 9月18歳選挙権,消費税が8%となる
2位佐藤栄作2798日1964年11月〜1972年 7月沖縄の日本復帰,大阪で万国博覧会
3位吉田茂2248日1948年10月〜1954年12月日米安全保障条約(旧),自衛隊の発足
4位小泉純一郎1980日2001年 4月〜2006年 9月郵政民営化法案の成立,イラク特措法の成立
5位中曽根康弘1806日1982年11月〜1987年11月国鉄分割・民営化,男女雇用機会均等法

 

「○○内閣のときにあった出来事を選べ」というのは現代史では定番問題のひとつです。
しっかり覚えておきましょう。

 

吉田茂首相のところにある「日米安全保障条約(旧)」とは旧条約のことを意味します。現在の日米安全保障条約は1960年に岸信介首相とアイゼンハワー大統領のあいだで締結されたものです。

 

2020年は日米安保の締結から60周年」というときは、この岸首相による日米安全保障条約(1960年)のほうを指しています。混同しないようにしてください。

 

国勢調査100周年

2020年は5年に1度行われる国勢調査の調査年です。国勢調査とは日本に住むすべての人・世帯を対象にした最も重要な統計調査となっています。しかも、今年は100周年。

 

第1回国勢調査が行われたのが1920年(大正9年)だったのです。
「鬼滅の刃」で注目されている大正時代でもあります。この時代の出来事を覚えておきましょう。

1920年前後の出来事
1911年関税自主権の回復
1914年〜18年第一次世界大戦
1916年ベルリン五輪中止
1918年米騒動、夏の甲子園中止、原敬の政党内閣
1918年〜20年スペイン風邪の世界的大流行
1920年国際連盟の設立
1920年第1回国勢調査
1923年関東大震災
1925年普通選挙法、治安維持法が成立
1925年ラジオ放送開始
1929年世界恐慌

感染症(スペイン風邪)が世界的に大流行したことなど、いまと似ているところもあります。細かい年代よりも出来事の前後関係を押さえておきましょう。

 

WHO以外の略称を総まとめ

新型コロナウイルス関連のニュースでは、WHO(世界保健機関)が何度も登場しました。こうした国際機関の略称も入試問題では定番です。整理しておきましょう。

 

名称略称読み方本部
世界保健機関WHOジュネーブ
世界貿易機関WTOジュネーブ
世界気象機関WMOジュネーブ
国際連合世界食糧計画WFPローマ
国連食糧農業機関FAOローマ
国連児童基金UNICEFユニセフニューヨーク
国連教育科学文化機関UNESCOユネスコパリ
国連貿易開発会議UNCTADアンクタッドジュネーブ
国連難民高等弁務官事務所UNHCRジュネーブ
国連開発計画UNDPニューヨーク
国連環境計画UNEPナイロビ
国連大学UNU東京
国際通貨基金IMFワシントンD.C.
国際労働機関ILOジュネーブ
国際原子力機関IAEAウイーン

国際連合世界食糧計画(WFP)は2020年ノーベル平和賞を受賞しました。

 

2020年時事問題対策本

2021年中学入試対策 時事問題と関連テーマ解説: 都道府県別ランキング資料つき

page top