定期テストの時事問題対策(2019年編)

定期テストの時事問題対策(2019年編)

2019年(平成31年、令和元年)の時事問題を解説。定期テスト対策の問題も掲載しています。

中学定期テストの時事問題対策(2019年編)記事一覧

新語・流行語大賞は「ONE TEAM」(12/2)2019年新語・流行語大賞の年間大賞に「ONE TEAM」が選ばれました。「ONE TEAM」はラグビーW杯での日本代表チームのスローガン。選考委員特別賞には、イチロー選手の引退会見での言葉「後悔などあろうはずがありません」が選ばれました。新語・流行語大賞「トップ10」ONE TEAM … 年間大賞計画運休軽減税率スマイリングシンデレラ/しぶこタピ...

安倍首相の在任期間が歴代最長に(11/20)20日で安倍首相の通算在任期間がを含めて歴代最長の2,887日になりました。最初に首相に就任したのは2006年9月26日(第1次政権時代)。第1次安倍政権は1年で終了したものの、2012年12月26日に首相に再任されてから、現在まで安倍政権が続いています。通算首相在任期間ランキング順位首相名通算在任日数1位安倍晋三2,887日(2019/11/20時点)...

インドがRCEPからの撤退を表明(11/4)インドがRCEP(アールセップ、東アジア地域包括的経済連携)から撤退することを表明しました。RCEPとは、日本など東アジアを中心にした地域経済連携の枠組み。今後はインドを除く15ヵ国での協定を目指すことになりました。れいわ・木村議員が国会で初質問(11/5)重い障害がある、れいわ新選組の木村英子参院議員が国会で質問を行いました。質問では、障がい者の立場か...

即位礼正殿の儀が行われる(10/22)天皇陛下が国内外に即位を宣言する即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)が行われました。祝宴となる饗宴の儀(きょうえんのぎ)も同日に行われています。即位礼正殿の儀に関するキーワード高御座(たかみくら)…天皇陛下が即位を宣明されたところ。御帳台(みちょうだい)…皇后さまがのぼられたところ。松の間(まつのま)…即位礼正殿の儀が行われたところ。高御座と御帳台もここに...

日米貿易協定に正式署名(10/7)米ホワイトハウスで日米貿易協定が正式に署名されました。コメの無関税輸入枠は設定されず、米国産牛肉の輸入関税は38.5%→9%まで段階的に引き下げることになりました。吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞(10/9)旭化成名誉フェローの吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞しました。携帯電話などに不可欠なリチウムイオン電池の開発に寄与したことによるもの。日本の受賞者はノーベル賞受賞...

大相撲秋場所で御嶽海が優勝(9/22)大相撲秋場所で関脇の御嶽海が優勝決定戦で貴景勝に勝利し、優勝しました。御嶽海の優勝は7場所ぶりで2回目。関脇の力士が2回優勝したのは62年ぶりでした。国連気候行動サミット(9/23)国連本部で「気候行動サミット」が開かれました。参加した77ヵ国は2050年に温暖化ガスの排出を実質ゼロにすることを表明しています。日米貿易協定締結で合意(9/26)日米首脳会談が行...

第4次安倍再改造内閣が発足(9/11)第4次安倍再改造内閣が発足しました。閣僚19人のうち17人が入れ替わる大幅な改造で、初入閣も13人となりました。主な大臣財務大臣…麻生太郎(あそう たろう)内閣官房長官…菅義偉(すが よしひで)外務大臣…茂木敏充(もてぎ としみつ)防衛大臣…河野太郎(こうの たろう)総務大臣…高市早苗(たかいち さなえ)文部科学大臣…萩生田光一(はぎうだ こういち)環境大臣…...

G7「首脳宣言」を見送り(8/26)フランスで行われていた主要7ヶ国首脳会議(G7サミット)で「首脳宣言」の採択が見送られました。「首脳宣言」とは会議の結果を取りまとめて発表するもの。今回は各国の合意が取れずに、初めて「首脳宣言」が発表されませんでした。G7サミット参加国(7ヶ国+EU)日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ+EU(欧州連合)韓国をグループA(旧ホワイト国)か...

食料自給率(カロリーベース)が過去最低の37%に(8/6)昨年度(2018年度)の食料自給率がカロリーベースで過去最低の37%になりました。低温や日照不足により小麦や大豆の生産量が大幅に減少したことなどが原因。政府は2025年度に自給率45%の達成を目標としています。浅間山が噴火(8/7)群馬県と長野県の県境にある浅間山で小規模な噴火が発生しました。浅間山の噴火は約4年2ヵ月ぶり。噴火により気象庁...

参院選で与党が過半数を獲得(7/21)改選議席(124議席)を争う参議院選挙が行われました。与党の自民党と公明党で、過半数(63議席)を上回る71議席(自民57、公明14)を獲得。憲法改正に前向きな改憲勢力は非改選とあわせて3分の2を下回りました。参議院選の投票率が過去2番目の低さ(7/21)今回の参議院選の投票率は48.80%で、過去最低だった1995年の44.52%に次ぐ低さとなりました。年代...

オンラインライブ授業×個別学習プラン

  1. 教科書対応レッスン+全範囲学べるMyカルテ
  2. 利用者数31万人突破のオンラインライブ授業!
  3. 今からはじめられる定期テスト対策で得点UP!
page top