中学定期テスト対策向け時事問題解説

中学定期テスト対策向け時事問題(2019年11月17日〜30日)

安倍首相の在任期間が歴代最長に(11/20)

20日で安倍首相の通算在任期間がを含めて歴代最長の2,887日になりました。最初に首相に就任したのは2006年9月26日(第1次政権時代)。第1次安倍政権は1年で終了したものの、2012年12月26日に首相に再任されてから、現在まで安倍政権が続いています。

 

通算首相在任期間ランキング
順位首相名通算在任日数
1位安倍晋三2,887日(2019/11/20時点)
2位桂太郎2,886日
3位佐藤栄作2,798日
4位伊藤博文2,720日
5位吉田茂2,616日

 

韓国がGSOMIAの維持を表明(11/22)

韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA、ジーソミア)を維持することを表明しました。GSOMIAは日韓の間で3年前に締結され、1年ごとに更新されてきましたが、今年の8月に韓国が破棄を通告していました。

 

ローマ教皇が38年ぶりに来日(11/23)

フランシスコ教皇がローマ教皇としては38年ぶりに来日しました。ローマ教皇とは、カトリック教会の最高指導者のこと。「コンクラーベ」といわれる選挙で選ばれ、現在のフランシスコ教皇は266代目のローマ教皇です。

 

香港区議会選挙で「民主派」が圧勝(11/24)

香港で区議会(地方議会)選挙が行われました。投票率が過去最高となり、政府に批判的な「民主派」が全議席の8割超を獲得しました。

 

温室効果ガスの平均濃度が過去最高に(11/25)

主な温室効果ガスの昨年の世界平均濃度が観測史上最高を更新しました。二酸化炭素の濃度は、産業革命前の水準の約1.5倍にも達しています。

 

介護費用が初の10兆円超(11/28)

2018年度の介護費用(介護給付費+自己負担分)の総額が10兆1536億円となりました。10兆円を超えたのは初めて。介護サービスを利用した人も過去最高となりました。

 

タブレットで9科目学べます

詳しくは資料請求で ⇒ ◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

中学定期テスト対策向け時事問題

確認問題(1)安倍首相が歴代1位になったものは?

(ア) 通算首相在任日数
(イ) 連続首相在任日数
(ウ) 連続試合出場日数

 

確認問題(2)現在のローマ教皇は?

(ア) フランシスコ
(イ) ベネディクト16世
(ウ) ヨハネ・パウロ2世

 

確認問題(3)香港とほぼ面積が同じ島は?

(ア) 淡路島
(イ) 種子島
(ウ) 沖縄本島

【正解】中学定期テスト対策向け時事問題

確認問題(1)安倍首相が歴代1位になったものは?

(ア) 通算首相在任日数

  • 連続」在任日数1位は佐藤栄作首相の2798日

 

確認問題(2)現在のローマ教皇は?

(ア) フランシスコ

  • 現在のローマ教皇は266代目のフランシスコ教皇

 

確認問題(3)香港とほぼ面積が同じ島は?

(ウ) 沖縄本島

  • 香港の面積は1,104平方kmで、沖縄本島(1,207平方km)とほぼ同じ
  • 淡路島(592平方km)は、シンガポール(721平方km)とほぼ同じ

PR

page top