中学定期テスト対策向け時事問題解説

中学定期テスト対策向け時事問題解説(2018年5月27日〜6月2日)

安倍首相の連続在任日数が歴代3位に(5/29)

安倍首相の首相連続在任日数が1981日となり、小泉純一郎元首相を抜いて歴代3位の長さとなりました。歴代1位は佐藤栄作元首相の2798日です。

 

1年半ぶりの党首討論(5/30)

安倍首相と野党党首による国会での党首討論が1年半ぶりに行われました。党首討論は一定数以上の野党会派の党首が1対1で首相と討論を行うもの。

 

質疑時間が全体で45分のため、最も多い立憲民主党の枝野代表でも持ち時間は19分でした。

 

東京五輪のマラソンコース発表(5/31)

2020年に開催される東京オリンピックのマラソンコースが発表されました。新国立競技場をスタートし、浅草、銀座、日本橋などを通り、再び新国立競技場に戻るコースです。

 

羽生選手に国民栄誉賞(6/1)

フィギュアスケートの羽生結弦選手に国民栄誉賞が授与されることが決定しました。羽生選手は平昌五輪で2大会連続の金メダルを獲得。

 

国民栄誉賞はこれまで26の個人・団体が受賞しており、羽生選手は最年少での受賞です。

 

海外在留邦人数が過去最多を更新(5/31)

外務省が昨年10月1日時点での海外在留邦人数を発表、海外にいる日本人の総数が135万1,970人となり、過去最多を更新しました。

 

国別の多い順は、1.アメリカ42.6万人(約32%)、2.中国12.4万人(約9.2%)、3.オーストラリア9.7万人(約7.2%)となっています。

 

中学定期テスト対策向け時事問題

確認問題(1)安倍首相の連続在任日数が歴代何位となったか?

(ア) 1位
(イ) 2位
(ウ) 3位

 

確認問題(2)新たに国民栄誉賞が贈られることになった人物は?

(ア) 大谷翔平
(イ) 羽生結弦
(ウ) 藤井聡太

【正解】中学定期テスト対策向け時事問題

確認問題(1)安倍首相の連続在任日数が歴代何位となったか?

【正解】(ウ) 3位

  • 歴代1位は佐藤栄作元首相、2位は吉田茂元首相

 

確認問題(2)新たに国民栄誉賞が贈られることになった人物は?

【正解】(イ) 羽生結弦

  • 冬季五輪個人種目で日本人初の連覇を達成した

 

PR


 
成績を一気に上げるには 最新時事(7/21) 最新時事(7/7) キーワード サイトマップ