中学定期テスト対策向け時事問題解説

中学定期テスト対策向け時事問題解説(2017年4月30日〜5月6日)

初の米艦防護を実施(5/1)

海上自衛隊の護衛艦「いずも」と「さざなみ」が太平洋湖航行中の米海軍補給艦を防護しました。安全保障関連法に基づくもので初めてのこと。

 

2020年の憲法改正を目指す(5/3)

安倍首相が「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と公言。憲法における自衛隊の位置づけを明確にすることや、教育無償化を目指しています。

 

メタンハイドレートを産出(5/4)

愛知、三重両県沖の海底からメタンハイドレートを産出することに成功しました。「燃える氷」とも呼ばれるメタンハイドレートは次世代エネルギー資源として注目されています。

 

産出に成功したのは4年ぶり。日本近海には豊富な埋蔵量が確認されています。

 

アメリカの対日貿易赤字が高水準に(5/4)

今年3月のアメリカの対日貿易赤字が72.4億ドル(約8200億円)となりました。約9年ぶりの高水準です。赤字解消に向けアメリカからの要求が強まることが予想されます。

 

子どもの数が過去最低を更新(5/4)

総務省が発表した子どもの数(15歳未満人口)が1571万人で過去最低となりました。総人口に占める割合は12.4%となりました(平成29年4月1日時点)。

 

宗像・沖ノ島が世界遺産へ(5/5)

宗像・沖ノ島と関連遺産群」がユネスコの世界文化遺産に登録される見通しとなりました。日本国内の世界遺産としては21件目(文化遺産17件、自然遺産4件)。

 

沖ノ島は九州と朝鮮半島のあいだの玄界灘にあり、島そのものが神体とされ「神宿る島」とも呼ばれています。

中学定期テスト対策向け時事問題

確認問題(1)燃える氷とも呼ばれる次世代エネルギー資源は?

(ア) メチルアルコール
(イ) メタンハイドレート
(ウ) メタボシンドローム

 

確認問題(2)総人口に占める子どもの割合は(平成29年4月)?

(ア) 12.4%
(イ) 22.4%
(ウ) 32.4%

 

確認問題(3)世界遺産に登録されることとなった島は?

(ア) 沖ノ島
(イ) 南鳥島
(ウ) 隠岐の島

 

【正解】中学定期テスト対策向け時事問題

確認問題(1)燃える氷とも呼ばれる次世代エネルギー資源は?

【正解】(イ) メタンハイドレート

 

確認問題(2)総人口に占める子どもの割合は?

【正解】(ア) 12.4%

  • 昭和25年(1950年)には35.4%でした

 

確認問題(3)世界遺産に登録されることとなった島は?

【正解】(ア) 沖ノ島

  • 沖ノ島は福岡県にある島

 

PR


 
成績を一気に上げるには 最新時事(10/6) 最新時事(10/13) キーワード サイトマップ